iPhone6s/7の予約・購入について【速報】

iPhone6s/7予約

iPhone6s/7の最新情報を公式サイトでチェック

iPhone6sもしくはiPhone7のキャリア別の公式サイトで確認ができますので、予約情報等もチェックしましょう。


  • SIMフリー版のiPhone6s/7はApple公式へ

当サイトでは最新情報がわかり次第アップしております。

iPhone6s/7を新規で

今年の秋9月上旬頃に発表されるのではと、話題になっている次期iPhone。最新機種であるiPhoneを購入したいと検討している方は、多いことに違いないでしょう。世界的にも注目されている機種であるため、人気や知名度も高い最新のiPhone。iPhone6s/7を新規で購入したいと考えている場合、確実に購入するためには、どのような手順が必要なのでしょうか。iPhone6s/7を新規で購入する場合の最も賢い方法をご紹介したいと思います。

iPhone6s/7を新規で購入する場合、各キャリア(docomo、au、SoftBankなど)のショップで手に入れる、あるいは家電量販店やAppleStoreで購入することもできます。当サイトでオススメさせて頂いているのはオンライン予約です。

なぜオンライン予約でのiPhone6s/7を購入するのがオススメかというと、オンラインショップは、自宅に居ながら片手間で予約をすることができるシステムとなっています。外で並ぶ必要もありません。また確実に予約をすることができるため、早い段階でiPhoneを手に入れることも可能です。iPhone6s/7を新規で購入する場合は、この方法で予約を行うことをおすすめします。

iPhone6s/7は何がどう変わったのか?最新NEWS

ただサイズが変わったのではなく、中身はパワフルに、最も大きく、最も薄いiPhoneの誕生です。

変化①『より美しくしたディスプレイ』

単にディスプレイを大きくすることと、より広い視野角でもより高いコントラストと鮮やかな発色を持つ、より大きなマルチタッチディスプレイを作ることは、まったく次元の違う話です。でも、Appleはそれを実現させました。新しいRetina HDディスプレイの誕生です。

  • iPhone6 の解像度:326PPI(1,330×750)
  • iPhone6s/7の解像度:401PPI(1,920×1,080)

iPhone6sまたはiPhone7のディスプレイ

変化②『大きなパワーと効率UP』

デスクトップクラスの64ビットアーキテクチャで設計されたA8チップは一段とパワフル。大きくなったディスプレイを動かしていても、余裕たっぷりです。M8コプロセッサは、先進的なセンサーと新しい気圧計から効率良くデータを収集します。しかもバッテリー駆動時間が一段と長くなったので、iPhone6s/7ではこれまでより多くのことを、これまでより長くできるようになります。

iPhone6sまたはiPhone7機能

変化③『カメラ機能の向上』

iPhone6s/7のiSightカメラはFocus Pixelsを組み込んだ新しいセンサーを搭載しました。60fpsの1080p HD撮影、240fpsのスローモーション撮影、タイムラプスビデオモードといったビデオ向けの新機能も加わったので、もっといろいろな瞬間を、もっとビデオでも撮りたくなるでしょう。

iPhone6sまたはiPhone7のカメラ

変化④『より早いワイヤレス』

iPhone6s/7は一段と速い4G LTEのダウンロードスピードを持ち、ほかのどんなスマートフォンよりも多くのLTE周波数帯に対応します。だから、より多くの場所でローミング接続を利用できます。Wi-Fi接続も、最大3倍速くなります。

iPhone6sまたはiPhone7のLTE

変化⑤『セキュリティの鍵はあなたの指先』

画期的なTouch IDテクノロジーは、あなたの指紋という完璧なパスワードを使って、iPhoneに安全にアクセスできるようにします。iTunes Store、iBooks、App Storeでも指紋でコンテンツの購入を承認できるので、パスワードを入力する必要はありません。

iPhone6sのiPhone7の指紋認証


iPhone6またはiPhone7予約へ


iPhone6s/7予約Navi 発表前までのNEWS

発表まぢかになってiPhone6s/7のNEWSが続々と舞い込んできますので、まとめてみました。

iPhone6s/7とiWatchの発売〜iPhone6s予約Navi〜

AppleのiPhone6s/7発表まで残り数日となり、予約開始まで残りわずかですが、新情報が続々と出ております。アメリカのNew York・Timesは9月4日(現地時間)、iPhone6s/7は4.7インチと5.5インチの2種類のサイズがあることを発表。そして5.5インチの方が価格が高くなり、どちらも広くなる画面に対して、片手で操作ができる簡単モードのような機能が搭載されると報じています。

また注目を集めているiWatchですが、発売開始は来年になるようです。こちらもサイズは2種類で、トレーニングに役立つ様々な機能や、サファイアガラスが搭載されたディスプレイ、無線で充電ができる機能も搭載されるようです。 様々なタイプの“ウェアラブルデバイス”が注目を集め始めている中、Appleは現在発売されているどのウェアラブルデバイスよりも高い精度を持たせるため、尽力してiWatchを作ってきました。Appleにとって最大限力を注いできたプロジェクトはiPhone6s/7よりもiWatchなのかも知れません。

また、iPhone6s/7とiWatchには、以前から話題になっている近距離無線通信NFC(決済機能など)が搭載されるようです。AmericanExpress、VisaやMasterCardが提携するとのことです。

リアルタイムでiPhone6s/7の発表が見れる!?〜iPhone6s予約Navi〜

Appleは9月9日に発表されるメディア向けのイベントで、生中継ができるストリーミングLIVEが行なわれる模様です。米Appleのホームページでは、LIVE開始までのカウントダウンが表示されており、イベント感を高めています。

スティーブ・ジョブズという広告塔を失ったAppleですが、現CEOのティム・クック氏に期待が寄せられている中、彼もイベントに登場予定。LIVEイベントではiPhone6s/7とiWatch、またiPad Airの発表も行われるのではと期待が集まっています。Appleのホームページには「私たちのスペシャルイベントをLIVEビデオでお届けします。ご期待下さい」と英語で表記してあります。さらにイベントの日時をカレンダーに追加できるようショートカットもダウンロードできるようです。Appleならではの演出が感じられます。

Appleが今回のイベントをすると報じたのは、2週間前。以前のAppleでは、メディアへの通達を1週間前に行ってきたので、今回のイベント発表は例のない早さでした。それだけAppleにとってはビッグイベントとなり、そこに向けて尽力してきた様子がうかがえます。 その証拠に、会場もいつものSan Franciscoで行なわれる場所や、Appleの講堂ではありません。フリント・センターと呼ばれる収容人員は約3000人で、いつもの3倍近くの収容できる場所を選定しているのです。

iPhone6s/7のモバイル決済システムって?〜iPhone6s予約Navi〜

新たに発売されるiPhone6s/7には、いくつかの新機能が搭載されているようです。そのうちの1つが、iPhone6s/7を財布代わりに使用できるというモバイル決済システムです。iPhone6s/7で支払いするってどういうことなのでしょう。

文字通り、iPhone6s/7ひとつでお会計ができるわけですが、近距離無線通信(NFC)が搭載されることで実現できるシステムのようです。近距離無線通信とは、短い距離(かざす行為)で素早くデータ通信を行うことです。つまり、会計時にiPhone6s/7をかざすだけで素早く会計が終わるようになるんです。

発表まで正確な事実はわかりませんが、Appleは、支払いの内容に基づき「ユーザーに『スマートメニュー』を提示する電子財布システム」を特許申請していることがわかっています。これはつまり、位置情報で現在の店を特定して、以前使用したカード内容と同じものに課金したり、あるいはポイントが貯められるような仕組みができたり、お店によってカードが使い分けできるようなサービスにすることが予想されます。

支払いに関してはiTunesを通じて決済がされるでしょう。なぜならAppleはiTunesで多くのユーザーを抱え、その多くがクレジットカードを利用しています。 そしてクレジット会社はAmericanExpressやVisa、MasterCardなどがその名を連ねています。

ここ数年のAppleは『iWallet』関連にも力を注いでおり、モバイル決済はその最初のビジネスとなりそうです。すでにモバイル決済というサービスは存在します。GoogleウォレットやサムスンのGalaxyS5など、最先端の技術を搭載していますが、未だに普及しているとは呼びづらい状況です。ここにiPhone6s/7がイベントで発表することで、多くのiPhoneユーザーがこの機能を使うことでしょう。そうなれば、多くの店舗で普及され、いつの間にか当たり前のようにスマホで決済する時代が来るでしょう。

iPhone6s/7予約へ

iPhone6s/7の予約はオンラインですべし!

iPhone6s/7は前回の5の時と比べて、さらに販売数が伸びると言われています。iPhone6が予約発売されましたが、5を使用しているユーザーは乗り換えず、今回のiPhone6で乗り換えると予測されているからです。

さらに新機能が搭載され、ディスプレイも大きくなったということで、在庫がなくなる可能性が高いです。

オンライン予約をして、店頭で受け取るのが1番効率がよく、かつ確実に入手できる方法です。さらに予約販売が開始された直後を狙いましょう。

予約する前にiPhone6s/7の確認すべき3つのこと

ずばり【サイズ】・【容量】・【色】を決めておきましょう。

iPhone6s/7は前回の5と比べてスクリーンが大きくなります。

さらに『4.7インチ』or『5.5インチ』の2種類から選べるようです。

サイズ

  • 【サイズ】先ほども説明しましたが、4.7インチか5.5インチです
  • 【容量】16GB、32GB、64GBの3モデル。さらに大きいサイズが出る可能性もあります。
  • 【色】ゴールド、シルバー、ブラックの3種類と言われています。

iPhone6予約カラー

以上の3つのことを決めてからWEB予約をしましょう。

キャリアの選択|SoftBank(ソフトバンク),docomo(ドコモ),au

iPhone6s/7の予約開始が大注目を浴びていますが、SoftBankがやはり戦陣きっての予約発売をする模様です。後発のdocomoも力を入れてはいますが、SoftBankにかなりシェアを取られていることから、『乗り換え』が狙いのようです。それに対してauはそこまで注力しておりません。やはり今回もSoftBankユーザー圧倒的に多くなるのは変わらなそうです。

スペックはどうなのiPhone6s/7

iPhone6s/7がどのくらい機能が向上しているのかをお伝えしておきます。まずiPhone5のCPUは『A6』と呼ばれるスペックです。ついで、iPhone5s のCPUは『A7』と呼ばれ、『A6』の2倍ほど機能が良いものになります。

そして今回発売されるiPhone6s/7は『A8』と呼ばれる最高のスペックであると噂されております。処理能力が格段にアップして、もはやスマホの領域を越えていると言えるかもしれません。予約するのが楽しみになってきますね。

iPhone6s/7の予約する前にSIMについて確認

日本では、馴染みがあまりない"SIMフリー"という単語。日本において、今後この言葉が普及することは、"ありえない"と言われていましたが、2014年9月19日に発売が予測されているiPhone6が予約販売開始されるにあたり、SIMフリー業界を更に震撼させるといわれています。シリーズでは、iPhone5s/5cがアップルストア(アップル社公式オンラインショップ)にてはじめての端末として、予約購入することができるようになりました。これは、SIMフリーが普及していなかった日本にとって、歴史に残る衝撃的な出来事でした。

iPhone6の予約SIM

日本人にとって今まで、当たり前であった携帯キャリアを通さずに、予約発売されたiPhoneは、以前無謀な試みとして話題を呼びました。しかし、実際にSIMフリー版のiPhone5s/5cは、予約購入者の数も多く、今現在も進行形で需要が多くなっているとされています。この需要の理由にWindows Phone8がSIMフリー版端末として優秀だったことがあり、多くの消費者に「日本でもSIMフリー版として予約発売を開始してほしい」という声がありました。このことから、関係者は検討自体は、リスクが大きいこともあり、以前より検討をしては現実に至ることがなく終わってしまっていた企画となっていましたが、このiPhone5s/5c予約で新たな試みとして、発売を開始したといわれています。この経験がiPhone6s/7の予約販売に生きてくることでしょう。

結果的にSIMフリー盤は良い方向に流れました。このことからもiPhone6s/7の予約として発売される可能性が高いとされています。また、前回の結果よりも多くの人が手に取る可能性が高いとされているため、メディアなどが一般向けについての詳しくわかりやすい解説などを今度どう進めていくかなど、発売までに検討しているともいわれています。日本のiPhoneはSIMフリーにならないというイメージは改善されたので、今後は世界レベルのiPhone6s/7が気軽に手に入る時代となるといえるでしょう。また、オンライン予約についても馴染みやすくなった日本ですが、これからどんどん普及していくでしょう。

iPhone6s/7予約へ

最新スペック情報iPhone6s/7

もうすぐiPhone6s/7の予約が開始されますが、スペックについて上でも記載がありますが、追記で簡単に触れておきましょう。

まずフェイスにサファイアガラスが使われるようです。このガラスはとても頑丈にできており、今まで懸念点とされてきたひび割れが解消されるものと思われます。フェイスの大きさも4.7インチと5.5インチと選べるようです。画面は広くなり、薄型と軽量化され、頑丈になるという3つの点が特徴的ですかね。iPhone6s/7を予約するのが愉しみになってきます。また、中身の部分で言うと、A8チップと呼ばれる最新プロセッサを搭載して、処理能力は抜群です。

他にも色んな噂が飛び交っていますが、正式発表されるまでのお楽しみですね。また、詳細がわかり次第アップしていきますし、SoftBankのiPhone6s/7予約から詳しい情報が見れますのでご確認ください。

あなたにピッタリのiPhoneは?

Appleの製品ページよりあなたにピッタリのiPhoneはどれなのか比較検討しよう。

iPhone6予約へ

iPhone6s/7をどこで買う?

発売目前のiPhone6s/7ですが、購入場所はたくさんあります。いったいどこが1番お得なんでしょうか?

iPhone6s/7を契約の際に必要なもの

iPhone6を購入された時に契約が必要となります。ここでは、忘れないように必要なものをチェックしておきましょう。

iPhone6s/7予約の方法

iPhone6s/7の予約方法は、予約開始日に店舗や携帯キャリアショップ、アップルストア、家電量販店に出向くことが多くの方が実施している方法と、なっています。しかしこの方法は、多くの人がiPhone6s/7の予約方法を実行しているため、確実に新型iPhoneを手元に発売日に手に入れることができるわけでは、ありません。iPhoneは、初回に入荷する台数が決められています。地方のショップや家電量販店の場合、確保されている台数が非常に少なく、また最悪の場合は、発売日当日に入荷しないこともあります。去年発売されたiPhone6もこういったトラブルが、続いてしまい、事前に予約をしていたのにも関わらず、1ヶ月以上もiPhoneが手元に届かない状態が続いてしまった方が続出してしまったのです。関東や関西、都心部などは、新型機種の在庫や入荷が頻繁に行われる場所ですが、どんな場所でも「絶対に」という確約は、ありません。確実に手に入れるためにも、iPhone6s/7の予約方法は、工夫をしなければいけません。また予約日にショップなどに出向いても、「予約完売」などと、予約すら取り付けてくれないショップもあります。想定外なことも考えられますので、確実に手に入れるためには、iPhone6s/7の予約方法の工夫が絶対な条件となるのです。

iPhone6s/7の予約方法の中でも最も工夫されている方法が、オンラインショップでの予約です。仕事や学業など何かしらの都合で、予約日に店舗に行けない方が利用することが多い、オンラインショップ。誰でも無料で利用をすることができ、店舗受け取りと宅配の受け取り方法の選択も自分で選ぶことができます。iPhoneの操作になれていない方やプラン変更などを行いたい場合は、店舗受け取りを選択することが良いでしょう。自宅にいながら、移動をしながら、手軽に申し込みなどを行うことができることも、オンラインショップの魅力です。どこかに出かける必要もなく予約ができることは、忙しい方にはもちろん、出かけることが苦手な方にも嬉しいものです。また何時間も並ぶ必要もなく、何かの片手間に予約をすることができることも、とても魅力的です。

iPhone6s/7の予約方法の中でも、最も適している方法となっています。「絶対に新型iPhoneが欲しい」そういった場合は、オンラインショップで、iPhone6s/7の予約方法を行ってみては、いかがでしょうか。

iPhone6s/7の電池に関して

「iPhone6s/7の電池は、より未来的なものが利用されるため、無線充電も夢ではない!」と、ネットでは、噂をしている方も目立ちますが、実際にそういったことは、現実するのでしょうか。無線充電が可能になれば、それは革命的なことです。無線充電が可能になることで、コンセント不要で気軽に充電をすることもできるようになるため、電気代節減にも繋がります。無線充電が可能になることで嬉しいとメリットは、多数うまれます。しかし、この噂についての真相は、今のところiPhone6s/7の電池情報を調べても、リークされていないため、「ありえない」と現段階では、いえるでしょう。とはいえ、今は何も公式側から正式発表をされていない状況です。もしかすると、無線充電をすることができる最新機種のiPhoneがリリースされるかもしれません。もし無線充電が現実になれば、それは、とてもおもしろいことであり、素晴らしいことです。これについては、発表まで期待をして待ちましょう。

またiPhone6は、バッテリー電池が非常に短い寿命のiPhoneだといわれています。ライバル社製品と比較すると、一目瞭然です。このiPhoneの弱い箇所である、バッテリーの寿命もiPhone6s/7の電池からは、改善されるのではないかと、大きく期待されています。iPhone6s/7の電池が改善されれば、それは、iPhone史上革命的なことになるでしょう。iPhoneは、元々バッテリーの消耗が激しく、充電や持たないスマートフォンといわれていました。またiPhone6よりカメラ機能へのこだわりが強くなったため、さらにバッテリーの寿命が短くなったといわれており、「すぐに電池が切れてしまう」「都度充電をしなければいけない」と、いわれていました。こういったバッテリーの持ちの悪さが原因でiPhoneをやめて、Androidに機種変更をしたという方が実は、意外にも多くいるのです。特に通話時間などが長く、スマートフォンを外出時に使うことが多い、ビジネスマンの方々は、iPhoneの電池の悪さが原因で機種変更をしているといわれています。非常に残念な話ですが、iPhoneのバッテリーの持ちの悪さは、マイナスなものです。やはりiPhone6s/7の電池が改良されることを期待したいものです。

予測やリーク情報などを見ても、iPhone6s/7の電池は、改良されている箇所が多いといわれています。このリーク情報や予測情報が現実になることを、願いたいものです。

iPhone6s/7予約へ

iPhone6s/7の最新情報

公式側での正式発表が、現段階では、全くない謎に満ちている最新版iPhone。世界的に期待されているiPhoneの最新シリーズには、一体どのような機能などが増えているのでしょうか。iPhoneの確実な正式発表は、2015年9月上旬頃が予想されています。しかしもっと早くiPhone6s/7の最新情報を入手したい方に朗報です。現在リークされている情報や噂、予測などiPhone6s/7の最新情報をまとめてみました。

iPhone6s/7の最新情報の中でも最も、多くの人達が注目をしている情報が「端末のカラーが1色追加される」というものです。従来のiPhone、およびiPhone6までの端末は、ゴールド、シルバー、スペースグレーが基本となるカラーでした。しかしiPhone6s/7の最新情報によると、この色に新たに「ローズピンク」というカラーが追加される予定となっているのです。このローズピンクというカラーが追加されるという情報は、部品会社によるリーク情報ですので、ほぼ99%確定している有力情報ともいわれています。ピンク色のiPhoneは、多くの人が求めていたカラーの端末ですので、人気が出ることに間違いないでしょう。また他にもiPhone6s/7の最新情報の中で、有力とされている情報が3Dカメラの情報です。次期iPhoneでは、裸眼で3D画面を楽しむことができる、ディスプレイが搭載されていると噂されています。テレビや映画なども3Dで楽しむことができる時代です。iPhoneのような小さな液晶画面でも、3Dで楽しむことができることは、可能なのでしょう。3D画面が楽しむことができるようになれば、より面白いアプリや便利な機能が追加されることに違いないでしょう。この情報は、期待できるものです。他にもiPhone6s/7の最新情報の中には、充電バッテリーの持ちがよくなったという情報などもあります。iPhoneシリーズは、充電バッテリーが改良されても、そこまで変化が現れなかった機種といわれていましたが、次期からは、どのように変化を遂げることができたのでしょうか。この点にも期待ができます。

次期iPhoneは、外観的なものでの変化は、あまり見られない機種といわれていますが、それでもサイズ的には、最も薄く軽量なものとなります。機能面なども大きな変化は、なさそうと予測されているものの、実際に公式側から正式に発表されれば、確実な違いもわかることでしょう。とても楽しみですね。iPhone6s/7の最新情報は、常に目が離せません。

iPhone6s/7予約へ

iPhone6s/7の価格予想

iPhone6s/7の価格の価格は、どのくらいの金額設定となっているのでしょうか。iPhoneシリーズは、ドコモ、ソフトバンク、au全てのキャリアから販売されています。今回のiPhone6s/7も、この3キャリアから販売されることでしょう。またSIMフリーとして、アップルストアでも、販売されることが予測されています。iPhone6s/7の価格については、各キャリアで違いが多少あるかと思いますが、基本の金額は、予測されています。iPhone6s/7の価格は、16GB8万5000円、64GB9万7000円、128GB11万円。iPhone6とiPhone6Plusの価格から考えてみても、このくらいの価格で、販売されるのではないかと予測されています。実際のiPhone6s/7の価格は、この予測金額より高くなる場合も、安くなる場合もあります。あくまでも予測であり、目安となる現時点での金額です。正式な発表と同時に発表される金額もチェックをしましょう。

分割割、乗り換え割り、機種変割りなど、キャリアで購入をする場合は、iPhone6s/7の価格が大きく値引きされた形で購入をすることができるようになっています。どのようなiPhone6s/7の価格値引きが行われるかは、新型iPhoneが正式発表されてからとなります。お得にiPhone6s/7の価格を値引きして購入したい場合、いろいろなキャリアや情報などを自分なりに、しっかりとまとめてみることをおすすめします。また各キャリアの値段をチェックする前に、アップルストアが正式に発表しているiPhone6s/7の価格もチェックをしましょう。正式な価格を確認することは、平均的な金額を把握できることにも繋がります。正式な価格をジュクに、検討をしてみましょう。

また新型iPhoneは、今までの価格よりも安い値引きを多くのキャリアが行うのではないかと、言われています。現在、全ての携帯電話やスマートフォンが高額であることから機種変更をすることに躊躇している方が多くなっています。そういった方をターゲットに絞り、新型iPhoneを発売すると同時に、安い価格でiPhoneを購入することができる、割引プランを提案するキャリアが増える可能性があると予測されているのです。iPhone6s/7の価格も高額になることには、違いありません。少しでもお得に新型iPhoneを購入するためにも、いろいろなキャリアを見てみることも良いでしょう。

iPhone6s/7予約へ