iPhone6sのアクセサリー

iPhone6s/7予約

iPhone6sのアクセサリーについて

iPhone6sのアクセサリーは、基本的にiPhone6で利用することができているものであれば、そのまま使うことができるのではないかと、予測されています。iPhone6s/7のアクセサリーの中でも最も変化するのではないかと、一部の方たちの中で噂されていた、充電箇所の部分ですが、この部位も特に変化がない可能性の方が高いようで、特に心配をする必要は、なさそうです。また丸形iPhoneになるなどと、予測もされていますが、端末自体のメインデザインの変更などもリークされていないため、今の段階では、99%ないといえるでしょう。リーク情報や噂によると、iPhone6s/7のアクセサリーは、特に変化はないものの、「カメラ部位のみが変化する可能性が高い」といわれています。

iPhone6sデザイン

現在のiPhoneの中で最新機種とされているiPhone6は、背面カメラの周囲に出っぱりがあります。従来のiPhoneシリーズでは、この出っぱりは、見られなかったのですが、iPhone6からは、出っぱりができてしまい、これについては、賛否両論がありました。カメラ画素数やカメラ機能向上のために装着された、この出っぱりですが、やはりiPhoneをファッションの一環として楽しみたい方々にとっては、少し厄介なようです。本体の端末の薄さが6.9mmであるため、カメラレンズが5枚構造となっている、iPhone6には、少し仕方がない箇所である出っぱり。しかし、賛否両論の意見の中から「出っぱりを取ってほしい」という言葉が強くあるようで、今後発売予定となっているiPhoneシリーズからは、この出っぱりが無くなるのではないかと、予測されています。実際に海外のデザイナーが作成した、次期iPhoneのイメージ画像には、カメラ箇所の出っぱりは見られませんでした。このデザイナーが作成した、iPhoneが最も最新の次期iPhoneに近いデザインなのではないかと、ネットでは、話題になっていますが、アップル社が正式に公表しているものではないため、確実なものかまでは、わからないのです。

このようなデザインの変化以外は、特に目立つ変化などが見られないと予測されている、次期iPhone。iPhone6s/7のアクセサリーでも、従来のものとイヤホンジャックなどを利用することができそうです。今後も今利用しているiPhoneのアクセサリーをそのまま利用したい、そう考える方々には、良いのかもしれません。

iPhone6s予約へ