iPhone6sの予約する前に3つのポイントを確認しよう【速報】

iPhone6s予約

1. iPhone6sまたはiPhone7の特徴

iPhone6s/7は、今までのiPhoneとは異なり、2モデルで販売され ます。iPhone6s/7の通常の大きさが4.7インチと5.5インチの2つあります。こちら名前に関してはどちらもiPhone6s/7となるようです が、もしかすると5.5インチモデルがiPhone6sだったり、iPhone7であるとする噂もあります。あくまで噂レベルの話ですが、iPhone6s/7の大きい方に関し ては個人的にはiPhone6s/7が良いかなと感じています。

また、iPhone6s/7の大きな特徴として、大きさだけでなく、軽量化と壊れにくいディスプレイ素材のサファイアガラスを使用す2るのではという話もあります。iPhone6からレティーナディスプレイを活用しているので、さらに丈夫な素材でかつ、大型化しつつの軽量化というバランスを保った製品になると予想されています。

2. iPhone6s/7の各キャリア別費用

まだ、iPhone6s/7の発売されていないので、現行モデルの料金体系をご紹介します。docomo、SoftBank、auのモバイル大手3社ともにiPhone販売戦略では、通話料金の定額制を導入し、実質的な値下げを実施しました。

通話料金の定額料金は3社とも一律のiPhoneなら月額2700円となっています。オンライン接続をする場合のパケット費用は、3社ともに2GBが3,500円、5GBが5,000円と同じ料金体系となっています。10GBは各社特別なオプションなどで8,000円です。auだけ3GBが4,200円、8GBが6,800円など細かい段階 設定を取り入れており、自分に合う費用をより細分化して対応してくれています。

3. iPhone6s/7はMNPと機種変更どちらがお得?

ソフトバンク、ドコモ、auの大手モバイルキャリアは、契約者数の争奪戦を繰り広げています。特にキャンペーンが行われやすいのが、電話番号がそのままでキャリアを変更できるMNPでの顧客の奪い合いに必至です。そのため契約数増加を旗印にして、機種変更よりも他社からのMNP(乗り換え)による契約を優遇してキャンペーンを実施します。

今回のiPhone6s/7の発売でも同様のキャンペーンが大々的に行われる可能性が高く、iPhone6s/7の予約をMNPでしてくれる方には大きな特典を付与するキャリアもでてくるのではと、大手家電小売会社の役員が話をしていたという情報もあります。今まで、新型のiPhone発売直後から店舗でキャンペーンが実施されていることは少ないですが、MNPでのiPhone6s/7の乗り換えに関しては特にあり得るでしょう。

docomoに関してはiPhoneの取り扱いをしていない期間にSoftBankやauにかなりのユーザーを奪われたという事実もあります。そのため、今回のiPhone6s/7の発売ではiPhone6s/7の予約段階から一 気に攻勢をかけて、SoftBank、auユーザーの刈り取りをおこなってくるのではと睨んでいます。

iPhone6s/7予約へ