iPhone6sの新機能について語る【速報】

iPhone6s 予約

iPhone6sの新機能について色々噂されています。

iPhone6s/7の発売することが決定されてから、色んな情報飛びかっていますので、予測をまとめていきたいと思います。これはあくまで予測の段階であり、確定事項ではないので、ご理解のほど宜しくお願い致します。

iPhone6sついに太陽光発電を搭載!?

太陽光発電

今までのiPhoneシリーズでは充電の切れが早いとの懸念店が多く言われており、電池の持ちに関しては、機能が向上する反面、アップル社を悩ませる要因のひとつでした。それが太陽光発電を取り入れることによって、外出している間でも充電ができるなどのメリットが出てきます。しかし、コストとの兼ね合いもありますので現実的に搭載させるには、ソーラーパネルがもっと安く作れる時代になってからだと個人的には感じております。

iPhone6s/7に防水機能?

防水機能

すでにスマートフォンでは防水機能を搭載しているものが多くなってきており、アップル社でもその機能を検討しているようです。よくスマホを水没させてアドレスがわからなくなった!なんてユーザーの声をとてもよく耳にします。ですから、防水機能があったらiPhoneに乗り換えるスマホユーザーも多くいるのではないでしょうか。今回はまだ噂であり、確定ではありませんが、近い将来すべてのスマホが防水機能を搭載しているようになるかもしれません。

ワイヤレス充電を標準搭載!?

ワイヤレス

近年ではワイヤレス充電が流行ってきており、コードを差し込むことなく、置いておくだけで充電されるというクールで便利な時代です。こちらも現在は安価に手に入れることができ、iPhone6s/7に標準的に使用されてもおかしくないと言われております。

最新osの『ios8』を搭載

iPhone6s/7はAppleが誇る最新ios8を搭載していることが判明しているようです。前回のios7よりも新機能が増え、最先端のテクノロジーが駆使されたもののようです。具体的には、キーボード機能や写真、健康管理、Siri、iCloudやSpotlightの点で機能が向上したようです。詳しくは『iPhone6s/7に搭載されるios8の新機能とは』でご確認ください。

タッチ性能はより高精度になった

今までの画面タッチ精度でもそこまで不満はないように思えます。しかし、時たま思い通りにいかない時やフリーズしてしまう時もあったかと思われます。細かい部分で言うと、画面の端です。軽く当たってしまうと誤認識することもあり、その辺の誤った認識はさらに少なくなる模様です。

ディスプレイが今まで以上に鮮やかに

スマホを使っている中で太陽の光が入ると、ディスプレイと液晶の間で乱反射をおこし、暗くなったり見づらい時が多々あったでしょう。対策として明るくする人も多かったはず。しかし明るくすることで電池がなくなる。。。なんてオチもありました。今回のiPhone6s/7でディスプレイと液晶の間を極限にまで小さくすることで太陽の光が入ってもこれまで以上の鮮明さを保ってくれるとのことです。

iPhone6s/7予約へ